msb!

  • msb! infomsb! info
  • msb! magazinemsb! magazine
  • msb! caravanmsb! caravan

Facebook

HOME  > ニュース > その他(ニュース) > msb! トークリレー02【ムサビの思い出 ( 増本勇次 ) 】

[news] その他(ニュース)

msb! トークリレー02【ムサビの思い出 ( 増本勇次 ) 】

ムサビの思い出

1979年度 造形学部芸能デザイン学科卒業
増本 勇次(山梨支部長)

【スライド写真について】
1.本人ポートレイト、山梨支部展、2019
2.たくさんのお祝いの花束、山梨支部展、2019
3.集合写真、佐奈前会長と共に、2018
4.支部展会場風景、2019

私が合格して上京した1976年(昭和51年)当時は村上龍の芥川賞受賞などムサビがクローズアップされた年でした。
全国から集まった個性的な学友に囲まれ、有意義な学生生活を送れたのもムサビのお陰と思う今日この頃です。

当時、大学から最寄りの西武国分寺線、鷹の台駅周辺で流れていた子門真人の「泳げたいやきくん」やダニエル・ブーンの「ビューティフルサンデー」は今でも鮮明に覚えています。1、2年時の共通絵画、共通彫塑の授業では若林奮先生(故人)にご指導いただきました。写真や映像(16ミリフィルムでショートムービー制作)の授業は思い出深い楽しい授業でした。

卒業後、東京でサイン制作会社に入社。職場では京都競馬場新館サイン工事、新宿伊勢丹全館サイン計画、東武百貨店サインマニュアル制作等仕事に恵まれましたが、妻の事情で山梨の印刷会社に中途入社し、地域の観光案内やポスター制作、新設されたサイングラフィックス部でも身延山久遠寺門内商店街の看板制作に携わることが出来たのは定年前の私のいい思い出になりました。
定年退職後は幸運にも甲府市役所で屋外広告物の指導係としてこれまでの経験が活かせる仕事に従事しています。

校友会山梨支部は4年前の第6回から水彩画を出展して新人賞と支部長の役まで頂きました。
翌年の2018年に福岡で開催された校友会総会では佐奈会長や各地の校友会の仲間との交流ができたことで山梨支部を盛り上げて行きたいとの思いが湧き上がってきました。

その年からは地元の美術研究所、カルチャースクール、高校の美術部を訪問し支部展開催の案内状を手渡し、新聞、テレビ局に告知の情報を掲載していただき会員の作品を多くの来場者にご鑑賞して頂くことができました。
次回は第10回の節目になるので色々企画を支部の仲間と計画していこうと思います。例えば、著名なムサビ出身の作家の講演会開催、長野支部との合同開催、ワークショップ、子供たちが参加できる落書きコーナー設置等支部展開催で武蔵野美術大学を知ってもらい一人でも多くのムサビファンが増えるよう活動してまいります。

現在、開催期間中の情報

  • 竹内雅枝 作品展 お散歩ってたのしいな いいもの見いつけた

    竹内雅枝 作品展 お散歩ってたのしいな いいもの見いつけた

  • 塚本裕子 個展 ”Il Pianto del Pianetaー La pandemia, ora  テッラの嘆きーパンデミックの今” 

    塚本裕子 個展 ”Il Pianto del Pianetaー La pandemia, ora テッラの嘆きーパンデミックの今” 

  • 「約束の凝集」 vol. 5 高橋大輔|RELAXIN’

    「約束の凝集」 vol. 5 高橋大輔|RELAXIN’

  • 物語る 遠藤彰子展

    物語る 遠藤彰子展