msb!

  • msb! infomsb! info
  • msb! magazinemsb! magazine
  • msb! caravanmsb! caravan

Facebook

HOME  > ニュース > ふるさと卒業制作展示 出品助成 募集

[news] ニュース

ふるさと卒業制作展示 出品助成 募集


応募締切りました。結果については、
2023年2月28日(火)まで採否に関わらず、応募者皆様へメールにてご連絡いたします。

地元の校友会支部展で卒業制作を展示しませんか。
大学での集大成である卒業制作を地元の家族や友人に披露する機会と、
卒業後も地元での母校のつながりを生かした制作活動のきっかけになるよう、
支部展での卒業制作展示にかかる出品参加費を助成します。

2023年度の下記の支部展開催にあたり、下記都道府県出身者の卒業制作作品を募集します。

[千 葉]千葉支部展 千葉県立千葉美術館 2023/4/18-4/23
[山 口]山口支部展 クリエイティブ・スペース赤れんが 2023/5/3-5/7
[鹿児島]鹿児島支部展 鹿児島市立美術館 2023/5/30-6/4
[茨 城]茨城支部展 茨城県つくば美術館 2023/7/3-7/9
[大 阪]大阪支部展 江之子島文化芸術創造センター 2023/7/11-7/16

【助成金額】
出品参加費の補助として1万円(1名または1グループにつき)
+支部展参加費無料
※現地までの交通費や、作品の運送費等は各自負担となります。

【募集人数】
各支部展若干名

【募集対象】
<通学生> 造形学部・造形構想学部 4年生
修士課程 造形研究科・造形構想研究科 2年生
<通信生> 造形学部(通信教育課程)4年生
※2023年3月の卒業生予定者対象
※採用決定後、卒業延期になった場合には校友会までお知らせください。
※作品の仕様やジャンルは各支部展の要項および会場の利用規定に準じる範囲とします。

【選考方法】
書類による選考。
各支部の募集要項をよく読み、下記提出書類をダウンロードの上、期日までにご提出ください。

【各支部募集要項ダウンロード】
千葉支部募集要項
山口支部募集要項
鹿児島支部募集要項
茨城支部募集要項
大阪支部募集要項

【提出書類】
[応募用紙①②]ダウンロード
※応募用紙②は任意の書式A4サイズ1枚でも可
【応募締切】
2023年1月23日(月) 12:00 必着 (郵送またはメール)

【問合せ・書類送付先】
武蔵野美術大学校友会事務局【ふるさと卒制展示係】
(土日祝休業、2022年12月24日~2023年1月5日冬期休業)
Email : msb@msb-net.jp  TEL:042-22-6407
〒180-0002東京都武蔵野市吉祥寺東町3-3-7

〈メールでの応募の場合〉
件名を「ふるさと卒制展示応募」として送信ください。
・ファイルサイズが大きい場合はファイル便(ギガファイル便やfirestorege等)をご利用ください。
※クラウドでのフォルダ共有(Dropbox、GoogleDrive等)の際にアクセス権認証等で、締切までに必要書類の確認が取れない場合、選考除外となりますのでご注意ください。
・1~3開局日を目安に受付の旨を返信します。土日祝を含めず4日以上返信がない場合はお問合せください。

【採用者への通知予定】
2023年2月末日までに不採用者も含め通知

【助成金給付の方法】
支部展参加後、報告書(助成金振込口座申請書)の提出を以て、支部展会期終了後に給付します。

【その他・注意事項】
・原則、本人が支部展の現地で作品の設営・撤収を行うものとします。
・卒業から支部展開催まで作品は自身で保管ください。作品の預かりは校友会・大学ともできません。
・採用決定後、卒業延期になった場合には、大学ではなく必ず校友会の問合せ先へお知らせください。
・新型コロナウイルス感染拡大の状況やその他の諸般の事情で支部展が開催延期・または中止となった場合は支部より連絡します。
・採用決定後、支部展への参加ができなくなった場合、助成金の給付は致しかねますのでご了承ください。

現在、開催期間中の情報

  • 「作家は何をみている?」小津航・葛西明子・近藤亜美 三人展

    「作家は何をみている?」小津航・葛西明子・近藤亜美 三人展

  • 芸術文化学科杉浦ゼミが「ムサビフォトプロジェクト TOKIMEKI」作品を募集

    芸術文化学科杉浦ゼミが「ムサビフォトプロジェクト TOKIMEKI」作品を募集

  • それぞれのふたり 萩原朔美と榎本了壱

    それぞれのふたり 萩原朔美と榎本了壱

  • αMプロジェクト2022 判断の尺度 vol.5

    αMプロジェクト2022 判断の尺度 vol.5

  • 諏訪敦「眼窩裏の火事」

    諏訪敦「眼窩裏の火事」