msb!

  • msb! infomsb! info
  • msb! magazinemsb! magazine
  • msb! caravanmsb! caravan

Facebook

HOME  > ニュース > msb! トークリレー08【自分の世界感を持ちつづけていくこと】

[news] ニュース

msb! トークリレー08【自分の世界感を持ちつづけていくこと】


自分の世界感を持ちつづけていくこと

2003年度 造形学部空間演出デザイン学科卒業
小野 奏恵(ファッションデザイナー)

【スライド写真について】
1.Bonpoint AW17 カタログ撮影 2016年
2.Bonpoint SS20 ランウェイショー グラン・パレにて 2019年
3.Bonpoint SS22 キャンペーン撮影バックステージにて 2021年
4.Bonpoint SS22 キャンペーン 2021年
5.Bonpoint AW17 ランウェイショー バックステージにて 2016年

子供服という特殊性
子供服ブランドBonpointでデザイナーをして8年が経ちました。ファッションの中でも子供服ブランドは、独特な位置にあります。子供の目線からデザインしていく、デザインのプロセスが同じなようで、普段とはまた違う思考回路が必要です。時には正反対な目線からモノを提案していきます。きっと自分の世界観が、子供っぽいものが好きなのも、この職についた理由なのかもしれません。

ファッションへの多角的なアプローチを重ねた日々
ムサビでの4年間は、クリエイターとして活躍する先生方と共に、世界感を持つことの大切さ、表現の自由と思考の深さを学びました。アパレル会社のデザイナーとして就職してからは環境が180度変わりましたが、クリエイションのプロセスは、学生のころからほぼ変わっていなかったのではないでしょうか。自分のデザインした物が、商品として店頭に並ぶのを見て嬉しかったのを覚えています。傍ら、学生から引き続きアウトプットを続けてきた故に、知識不足や表現の限界に対する物足りなさを感じていました。

ちょうど紙媒体が少しずつデジタルに移り変わり始めていました。Harper’s BAZAARで編集をしていた5年は、ムサビでのアウトプットに変わり、インプットそのものでした。様々な世界で活躍しているクリエイターに出会い、興味があるすべてのモノに触れることが可能な環境でしたので、今まで以上に深い知識と広い出会いに恵まれました。

フランスでのリスキリングの喜び
技術的にも知識的にもさらに深めたい気持ちが強くなり、渡仏。ファッションスクールStudio Berçotでの2年間は、一度社会人を経てからでしたので、一つ一つの課題への思いが特別で、学ぶ楽しさも格別でした。

ファッションを広い視野で見たムサビ、ファッションデザインに集中したStudio Berçot、また作り手側のデザイナーから、作り手を外から評価する編集者。すべて正反対の立ち位置で、実際やってきたことはバラバラですが、共通していることは芯にファッションがあり、基本的な思考回路は変わっていません。

周りを観察することが好きなのと、自分の世界感を持ちつづけていくことを大切にしています。きっと今もなお、ムサビで学んだ時と同様に、ファッションを広い視点で見ているからこそ、挑戦することに対してためらいがないのだと思います。

現在、開催期間中の情報

  • 「作家は何をみている?」小津航・葛西明子・近藤亜美 三人展

    「作家は何をみている?」小津航・葛西明子・近藤亜美 三人展

  • 芸術文化学科杉浦ゼミが「ムサビフォトプロジェクト TOKIMEKI」作品を募集

    芸術文化学科杉浦ゼミが「ムサビフォトプロジェクト TOKIMEKI」作品を募集

  • それぞれのふたり 萩原朔美と榎本了壱

    それぞれのふたり 萩原朔美と榎本了壱

  • αMプロジェクト2022 判断の尺度 vol.5

    αMプロジェクト2022 判断の尺度 vol.5

  • 諏訪敦「眼窩裏の火事」

    諏訪敦「眼窩裏の火事」