msb!

  • msb! infomsb! info
  • msb! magazinemsb! magazine
  • msb! caravanmsb! caravan

Facebook

HOME  > 卒業生インタビュー  > No.2 影山 章子 [NPO法人「知る古会」 会長]

[msb! caravan]

No.2 影山 章子 [NPO法人「知る古会」 会長]

影山 章子 かげやま しょうこ
NPO法人「知る古会」会長
(1971年度 短大専攻科 デザイン専攻 工芸デザインコース)

「知る古(しるこ)会」は須賀川の歴史・建築物・景観・樹木・人との交流を通して、
まちへの関心や愛着心を深め、誇りを持ち、地域の歴史文化の継承と
まちが活性化することを目的としています。

https://www.facebook.com/shirukosukagawa/

プロフィールを見る

馬の背と言われる須賀川の街。山々のやさしい稜線に囲まれた街で影山章子さんは活動している。兄の貴司さん、妹の絵美さんもムサビ卒業だ。章子さんは貴司さんの影響を受け、ムサビへ入学。ムサビ卒業後、故郷である須賀川に帰郷、家業の看板屋を3人で継いだ。当時、女性で看板の制作をすることは、難しく、困難も多かった。現在は看板制作だけでなく、内外装も行っている。

「知る古会」の活動では、まちづくり講演を行ってきた。また、須賀川の魅力を発見するために、まち歩きマップを制作した。そんな中、東日本大震災が発生。震災以前の活動は、防災やコミュニティー作りの活動につながった。一昨年は、市と県の補助を受け、朝日稲荷神社の神楽殿復旧事業を行った。小学生の総合の時間の授業での活動も行っている。

今後は、神楽殿をコミュニティーの場として活動していきたいという章子さん。地域を感じ、良さを守り、伝えたい、そう語る章子さんは生き生きとし、朗らかだった。彼女は、これからも須賀川の街の魅力を発見し、仲間と共に発信していくだろう。

取材:広報部 間々田 佳(2014年度 大学院造形研究科 美術専攻 彫刻コース)


影山さん(左)と間々田常任幹事(左から3番目)

続きを見る

msb! caravanアーカイブ

  • No.68 三田 真由[TOSAKANMURI FOODS主宰/フードクリエーター・パン職人]

    No.68 三田 真由[TOSAKANMURI FOODS主宰/フードクリエーター・パン職人]

  • No.67 谷 充代 [執筆家]

    No.67 谷 充代 [執筆家]

  • No.66 吉田慎司 [中津箒職人/作家]

    No.66 吉田慎司 [中津箒職人/作家]

  • No.65  竹内 誠[(公社)日本サインデザイン協会会長/(株)竹内デザイン代表取締役]

    No.65 竹内 誠[(公社)日本サインデザイン協会会長/(株)竹内デザイン代表取締役]

  • No.64  森影里美<br>[もりかげ商店]

    No.64 森影里美
    [もりかげ商店]

  • No.63  早川克美<br>[京都芸術大学教授/F.PLUS代表]

    No.63 早川克美
    [京都芸術大学教授/F.PLUS代表]

  • No.62  藤本 新子<br>[草月流師範会理事]

    No.62 藤本 新子
    [草月流師範会理事]

  • No.61  風間 天心<br>[アーティスト・僧侶・美術教員]

    No.61 風間 天心
    [アーティスト・僧侶・美術教員]

  • No.60  大畠 雅人<br>[フリーランス原型師]

    No.60 大畠 雅人
    [フリーランス原型師]

  • No.59  宇野 純一 <br>[テレビ美術デザイナー]

    No.59 宇野 純一
    [テレビ美術デザイナー]