msb!

  • msb! infomsb! info
  • msb! magazinemsb! magazine
  • msb! caravanmsb! caravan

Facebook

HOME  > 卒業生インタビュー  > No.19  磯部 らん[文筆業・マナー講師]

[msb! caravan]

No.19  磯部 らん[文筆業・マナー講師]

磯部 らん(いそべ・らん)
文筆業・マナー講師
(2006年度 武蔵野美術大学通信教育課程 工芸工業デザイン学科 生活環境デザインコース卒業)

愛知県生まれ。
大学卒業後、名古屋での会社員時代にプロダクトデザインを学ぶため武蔵野美術大学通信教育課程に入学。
2006年に転職し、東京に。その後、フリーランスのライターやマナー講師として独立。
現在は書籍や雑誌のライター、セミナー講師をしている。
公式HP  isoberan.com

【著書】
『イラストでよくわかる 敬語の使い方』(彩図社、2015年10月)
『人から好かれる 話し方・しぐさ 基本とコツ』(西東社、2015年4月)ほか

【スライド写真について】
1 本人ポートレイト
2 卒業制作の錫の酒器
3 趣味で購入した骨董品の仏像
4 伝統工芸「曲げわっぱ」に関する記事

プロフィールを見る

書くことを通して、伝統工芸やデザインのある豊かな暮らしを提案していきたい

− 大学時代における思い出

思い立ったらすぐに行動してしまうタイプで、デザインを学ぶため、ムサビへの入学を決意。祖父や父の仕事が家具やインテリア関係だったこともあり、プロダクトデザインが身近で興味深いものであったことがきっかけでした。課題制作やスクーリングは楽しく、ムサビで知り合った学友たちとアフリカのガーナに旅行をしたことも良い思い出です。


在学中に制作したアクリルの椅子

− 何かを伝えたいと思ったきっかけは

もともとがすごいメモ魔で、小さい頃から人の言葉やテレビ・ラジオで耳に残った言葉、本を読んでいて感動したフレーズをノートに書き溜めていました。とにかく書くことが好きなんだと思います。会社員をしているときに興味を持ったマナーについて、メールマガジンのライターとして文章を定期的に書く機会に恵まれました。そのときに書いた文章を、ふと思い立って出版社に送ったことが自著を出版するきっかけとなりました。


日々、気づいた様々な事をメモした大量のノートブック


これまでに上梓した書籍

− これから書くことで伝えたいことは

日本の伝統工芸や若手の作家さんを、『書く』ことで応援できたらと思っています。少し高価なモノでも愛しみ大切に使ってもらえれば、それが生活を豊かにし、伝統工芸の技を後世に伝えることにもつながります。そういった生活をほんの少し豊かにするようなモノを文章で伝えていきたいです。


磯部さんが伝統工芸の素晴らしさを伝える「こもののこと」


日本酒の魅力を伝える月桂冠の文章

− 仕事でいちばん大切にしていることは

私が書いた文章が、取材した人やそれを読む人にとって何かしらプラスになればと考えています。

−  デザインやアートの力とは

暮らしをもっと豊かにしてくれるもの。お気に入りの器や絵など、それに触れたり見ることによって、元気やパワーをもらうことができます。いろんなものに触れる機会を持つことは人生をより豊かにしてくれるのだと思います。

−  今後の展望は

ずっと変わっていないのは、書くことで周りの人のお手伝いがしたいということ。より良く生きるための暮らしや生活について、読んだ人のヒントとなるような言葉を紡いでいきたいです。
また、ムサビに通った経験を活かし、いつか伝統工芸や若手の作家さんを応援できるギャラリーを持って、モノと人、人と人とを繋ぐお手伝いができたらと思っています。ギャラリーの奥のカウンターで、夜な夜なお客さんや作家さんと日本酒を飲みながら、色んなことを語り合うのもいいなと思い描いています。

−  編集後記

磯部さんは様々なこだわりや信念を持つ一方で、偶然の縁をきっかけに多方面に展開していく柔軟さも併せ持っている。
過去にバックパッカーとして30カ国を旅した経験もあるそうで、様々な価値観に触れた上で伝統工芸を好んでいるという点も面白い。
人生における変化を肯定的に捉え、その流れに乗って楽しんでいる印象の磯部さん。今後どのように進化していくのだろうか。

取材:百野ケンスケ (05学映/映像ディレクター、カメラマン)

続きを見る

msb! caravanアーカイブ

  • No.68 三田 真由[TOSAKANMURI FOODS主宰/フードクリエーター・パン職人]

    No.68 三田 真由[TOSAKANMURI FOODS主宰/フードクリエーター・パン職人]

  • No.67 谷 充代 [執筆家]

    No.67 谷 充代 [執筆家]

  • No.66 吉田慎司 [中津箒職人/作家]

    No.66 吉田慎司 [中津箒職人/作家]

  • No.65  竹内 誠[(公社)日本サインデザイン協会会長/(株)竹内デザイン代表取締役]

    No.65 竹内 誠[(公社)日本サインデザイン協会会長/(株)竹内デザイン代表取締役]

  • No.64  森影里美<br>[もりかげ商店]

    No.64 森影里美
    [もりかげ商店]

  • No.63  早川克美<br>[京都芸術大学教授/F.PLUS代表]

    No.63 早川克美
    [京都芸術大学教授/F.PLUS代表]

  • No.62  藤本 新子<br>[草月流師範会理事]

    No.62 藤本 新子
    [草月流師範会理事]

  • No.61  風間 天心<br>[アーティスト・僧侶・美術教員]

    No.61 風間 天心
    [アーティスト・僧侶・美術教員]

  • No.60  大畠 雅人<br>[フリーランス原型師]

    No.60 大畠 雅人
    [フリーランス原型師]

  • No.59  宇野 純一 <br>[テレビ美術デザイナー]

    No.59 宇野 純一
    [テレビ美術デザイナー]